『騎士団長殺し』村上春樹(2017)


f:id:hellion1941:20190305225337j:imagef:id:hellion1941:20190305225353j:image

村上春樹の最新書き下ろし長編。

刊行は2017年だが、前長編にあたる『色彩をもたない多崎つくると彼の巡礼の旅』がトラウマ級につまらなかったため購入を見送っていたものの、廉価な文庫版発売を機にようやく手を出す。

 

2月末の第1部文庫版発売と同時に購入→2日で読み終える→1か月後の第2部文庫版発売まで待てず、単行本で買い直し

 

という壮大なストーリーのもとに読了。

 

 

結果的には、

「ラストの尻すぼみ感は残念だが、全体的には概ね楽しめる。村上作品としてはまずまずの佳作。」

といったところ。

 

ストーリーはいつも通り。

 

ジャズや古典音楽や文学を愛する、今ひとつ社会に馴染めない30代の画家が人里離れた家屋で大して働きもせず独りのんびりと毎日を過ごすも、些細に思えた不思議な出来事から日常と非日常の狭間に呼び寄せられ、受動的に物事を進めていく内に喪失と自己認識の発見をし、何となく事件が解決する。

 

というもの。

 

ストーリーはいつも通りだが、組まれた設定やプロット、登場人物がこの上なく魅力的で、作家としての技量アップを見せつけられる。

とりわけ謎めいた、しかし限りなく常識的一般人である免色(メンシキ)氏との微妙な友人関係の進捗が魅力。

今までも主人公には魅力的な男性友人は居たが(鼠、五反田くんなど)、その中でもかなり謎めいた魅力を放つ部類。

 

女性達に関しては割と軽いというか、記号としての存在しかない。1Q84でもそうだったけど、春樹は女性はもう記号的にしか扱わない事にしたのかな?(昔からではあるが、より顕著)

 

反面ローティーンの女の子に関しては今回もキーパーソンとして描く。最後の投げやり感も同じ。途中退場こそしないけど、かなりいい加減な帰結に感じた。

 

少女の神秘的な力を物語の推進力にはするんだけど、少女というものがわからないが故にどんなゴール(=成長)に持って行けばいいのかわからないのだろうか。

 

個人的にはやはり本作の裏主人公は免色氏に感じる。すべてを持っていながら究極の持たざる男である免色氏を主人公の表裏として描いている。

 

そんなに面白い設定にも関わらず最後が全てを投げ出したようないい加減なエンディングなのが残念。締切だったのかな…?(無いだろうけど)

 

全体としてはとてもワクワク楽しめるので、今後も気のくままに適当なページを開いて読んでいきそう。

 

『デザインの引き出し36』(2019)

以前TBSラジオの『アフター6ジャンクション(通称アトロク)』にて企画・編集の津田淳子氏出演の放送を聴いて以来、その明らかにどうかしている印刷物への狂愛からずっと気になっていたこの雑誌。

グラフィック社という会社が発行。

 

書店に立ち寄った際に新号を見つけたので思わず購入。

 


f:id:hellion1941:20190212001312j:image

 

表紙は何故かコロコロコミックのオマージュ…と思いきやデザインは本家の方でした。

 

特に内容も見ずに買ったのだけれど、まぁ濃い!濃い!

 

 

メインの特集は「紙もの文具&玩具のつくり方」で、各種便箋やらマスキングテープやら箱やらニッチなラインナップが並ぶ。

 

 

あとは最近アップデートされたらしい「フリッター」という用紙の見本が付いていたり、

 


f:id:hellion1941:20190212001404j:image


f:id:hellion1941:20190212001421j:image

 

 

色んな特集印刷の製法や、「フォントを作ろう!」的な、とにかくどうかしている企画が軒を連ねる。

 

 

特に白眉だったのがこの特集。


f:id:hellion1941:20190212001438j:image

 

そして、付録のこれ!!!


f:id:hellion1941:20190212001454j:image

約450ページ数に渡る各種ノート紙見本市!最高じゃないですかこれ?


f:id:hellion1941:20190212001508j:image


f:id:hellion1941:20190212001522j:image

 

 

値段は¥2,000と雑誌にしてはまあまあするが、それを補って余りある(なんならお釣りが来る)程の情報量&密度&愛情。

 

自分は印刷業でもデザイン業でも出版業でもないが、イチ読書好きとして非常に!興味深い!雑誌でした!

 

次号は6月とのことで少し先だが、今後も購読間違いなし!

折坂悠太『平成』(2018)


f:id:hellion1941:20190122222548j:image
天才…天才だ……!

 

「奇才」の形容詞が付く若手SSW(そういえば同僚に「シンガーソングライターって『SSW』って書くんだ!プロレス団体みたいだね!」と言われた)、折坂悠太のアルバム。

 

松田龍平をふやかしたようなあまりにも気の抜けた、しかし明らかに狂気を感じるジャケット。

そこに収録された音もやはり一見小洒落て耳障りの良いシティポップだが、確実にどうかしている。

 

一曲目の「坂道」からして度肝を抜かれる。

小気味良いミドルテンポのポップソングで、随所に嫌み無くジャズフレイバーをまぶす。

 

ヴォーカリストとしての力量も凄い物を感じる。

音楽性に合わせて引きの歌唱をしているんだけど、SSWらしい小細工のない、「歌」で勝負をしていた者の説得力を感じる。

この引きの主張は大瀧詠一にも通ずるものを感じる。

捕らえ所のない間奏のギターも素晴らしい。

 

 

ジャングルビートから始まる「逢引」、これが素晴らしい。

ヴァースの言葉遊びから、野太いハイトーンのサビ、そして何より圧巻の間奏スキャット

彼の50'sトラッドなバックボーンを感じる。

 

 

続くはタイトル曲の「平成」。

「『平成』疲れてた。それはとても。何処にも行けず。」から始まる、我々平成世代の静かな怒り、悲哀、諦観。

 

この3分の短い曲に彼の「時代」という大きなモノへの複雑な想いを感じる。

 

 

「揺れる」は静かなアコギ弾き語り。

日本の歴史において大きな地震は数あれど、やはり東日本大震災というのは日本人の価値観や安全の概念、細く残っていた政治への信頼を断ち切ってしまった本当に転換点だったんだなと思う。

同じ時代を生きる我々だからこそ、たった2分でその想いが伝わる。

 

「みーちゃん」、変態だなぁ。これとか「夜学」辺りが「奇才」と呼ばれる所以なんだろうか。どっちかっていうと「変態」だと思うけど…。

 

「夜学」はラテンビートに近代文学風の語りが入る変態曲。

最後の「平成30年1月1日~」の件の後のシャウトが本当に痺れる。

技術的な唱法としてのシャウトでも、腹から吐き出す叫びでもなく、脳髄から思わず溢れ出てしまったようなどうしようもない鬱憤の声。

 

最後の「さびしさ」「光」はシンガーソングライター的な弾き語り曲。

歌詞だけ読んでいると、本当に彼の純文学性がよくわかる。

付け焼き刃の知識では絶対に真似できない、骨の芯まで染み着いたもの。

 

「平成最後の~」なんていう流行りの言葉は使いたくないが、間違いなく時代の変わり目というこの瞬間だからこそ産まれた傑作。

 

表現者の本来持つバックボーンと否応なしに侵入してくる同時代の感性、時代の境目に表現者と視聴者の複雑な感慨が見事に合致した奇跡の1枚ではなかろうか。

 

 

OKAMOTO'S『BOY』(2019)


f:id:hellion1941:20190110000921j:image

OKAMOTO'S新譜。

 

現代的ラップサイド&80'sポップスサイドとはっきりとした区分けがされていた前作『No more music』とは打って変わり、かなり多様な音楽性の作品。

 

オープニングはストレートなロック「Dreaming man」。

リズムの取り方等凝った作りだが、基本的には拳突き上げ系のロック曲。

 

次の「Hole」を聴いて思ったけど、OKAMOTO'Sって今時のバンドにしては珍しくちゃんと構築されたギターソロ弾くよね。しかもちゃんと格好良い。

 

4曲目の「Higher」は前作に入ってそうなヒップホップ調の曲。ヴォーカルのオカモトショウはこの手の曲が1番生き生きしてる気がする。(NY生まれだから…?)

 

続く「ART(FCO2811)」はかなり印象的なヘヴィリフ中心のノりにくい曲。

このリフセンスにオールドスクールなロック魂を感じる。

変な曲だけど、「表現とは何か?誰の為のものか?」を渾身で叫び、妙に刺さる。

 

「偶然」はギターのオカモトコウキ曲。リードヴォーカルも本人。

イントロはブラス+フルートがメインで、オカモトコウキのヴォーカルも含め渋谷系感が全開。

 

「Animals」は打ち込み中心で何故か一昔前のサウンド

純粋さを失いつつある感性を嘆いている。前作のタイトル曲も、消費されるだけの音楽に疑問を呈していたけど、繰り返される「純粋なハート」のリフレインにそれと近いテーゼを感じる。

 

「Door」はオカモトコウキらしいポップセンスに溢れた曲で、単純に楽しめる。

 

が、とてつもないサージェントペパーズ感を感じるのは俺だけだろうか…。

純粋に「良い曲」という観点からいくとこの曲が1番かなと思う。

 

ラストの「Dancing Boy」は、なんだろう…青春……?

刻むハイハットに印象的なアルペジオ、浮遊感のあるサウンドメイク。

 

 

全体として、90年代のロック/ポップスの総括という印象。

平成生まれのメンバーが「BOY」の時代に浴びていた音楽を時代の終わりに思い起こさせようとしているんだろうか。

 

バラエティに富んだa.k.a雑多な印象のアルバムだけど、曲は良く練られて一曲一曲のクオリティは高く感じる。

聞き込めば化けるかも。

 

 Mr.Children『深海』(1996)


f:id:hellion1941:20190107222026j:image
ミスチルですよ、ミスチル

私もメタルとかプログレとか聞き始める前は好きでしたよ、ミスチル

 

このアルバムも聴いてたけど、今あらためて聴くとなかなか硬派でいいです。

 

シングルは「名もなき詩」(特大ヒットでしたね)、「花-Memento mori-」(これもヒットでしたね)、「マシンガンをぶっ放せ」(マキシシングルでしたね。マキシシングルって半端じゃない死語感ありますね。)。

 

当時のミスチルのパブリックイメージからは意図的に乖離した作風で、ジャケットからしてまず陰鬱。

急降下し始めた平成の日本を憂いてか、はたまた桜井氏の内在的なパーソナリティかは知らないけど、とにかく社会への違和感を全開に吐き出した曲が目立つ。

 

オープニングSEの「Dive」から「シーラカンス」が始まり、暗いアコギ&ヴォーカルからヘヴィに歪んだギターが精神不安を煽る。そして後半は急にピンクフロイドに。(吹けよ風呼べよ嵐)

 

手紙~Mirrorの3曲は当時のミスチルらしい純粋に良い曲。(Mirror良いね~)

 

名もなき詩」は正直なところ、ずば抜けて良い曲過ぎるのでちょっと浮いてる。しかしアルバム中盤の推進力としては圧倒的な存在感。

この頃のミスチル(というか桜井氏)のノリにノった才能に畏れおののく。

 

「So let's get truth」はディラン(含、歌い方)、「臨時ニュース」はテレビのザッピング音をサンプリング、「マシンガン~」は社会への怒りにマシンガンをぶっ放すという何のひねりもない曲。ひねったのは何故か「マキシシングル」という発売形態。

 

「ゆりかごのある丘から」はスローで穏やかな曲調の、しかし愛を裏切られた男のお話。

前半のポップ曲では朗らかに恋を歌っていたが、対をなすものとして次の「虜」と共に男女の脆さと不条理さを歌う。

 

 

 

社会に対しても男女に対しても、フラストレーション溜まりすぎじゃないこの人…?

 

 

 

「花~」でちょっとだけ希望を歌うも、ラストの「深海」で「深海へ連れてって~」と終わる……ダメだこの人。

 

でもその「深海」というのもまたひとつの希望で、周りを気にするのではなく、深い海の底で自己を見つめる事もまた強さなのでは?という意思表示を感じる。

 

音楽的には序盤の「シーラカンス」と同じ音なので、なんとなくコンセプト作っぽい雰囲気で終わる。実際には音楽的に近しいのはこの2曲くらいだから、ガチガチのコンセプトアルバムじゃあないんだけど、「ミスチルらしからぬヘヴィなアルバム」を印象付けるのは充分かと。

 

ポップセンスが爆発している中にありつつ、敢えて陰鬱な世界を意識した事で良質なロックアルバムに。ミスチル食わず嫌いの人にも是非。

 

Judas priest『Turbo』(1986)


f:id:hellion1941:20190106094724j:image

 

メタルゴッド・ジューダスプリーストの10枚目。

 

時代を反映したシンセ(ギターシンセサウンドが賛否を呼び、現在でも立ち位置が微妙なアルバム。

 

確かにシンセは目立つけど基本的には普通のバンドサウンドで、ポイントポイントで使ってるだけという印象。

 

曲自体もアメリカを意識した当時のジューダス(「ジューダス」と呼ぶか「プリースト」と呼ぶかは世代によって分かれるらしい。もちろん前者がおじさん世代。)っぽい曲だし、そんなに酷評するような出来でもないんじゃなかろうか。

 

個人的には元々ジューダスのポップ曲は好きじゃないんで「Private~」とか「Rock you~」はノーコメントだけど、タイトル曲の「Turbo lover」(ギターソロが超カッコいい!)、「Locked in」、『Priest…live!』のオープニングでもある「Out in the cold」、「Reckless」なんかはシンセがなければきっと往年のファンからも名曲認定されてたんじゃないかと思う。

 

 

ところで、久々にこのアルバムを聴いて伊藤政則の解説も読んでみたんだけど……、

 

 

 

無!何も言ってない!

 

「奥義に辿り着くのは至難の業で~」「今、僕は再び自分自身に問いかけている。」「どこがどう問題作かなんて、聴いてもらえばわかる。そんなことよりも"何故だ!"との答えを~」「古典芸能は"モダン"を拒絶した孤高の存在に~」……

 

抽象的な否定の文章から戸惑いと困惑がありありと感じられる…。

 

ジューダス全肯定派だと思ってたセーソクですらこうなのだ。当時のファンが当時のジューダス、メタルに求めていたモノとの乖離の程が伺い知れる。

 

 

アルバム毎に作風を変えてきたジューダスが80年代にデジタルを取り入れようとするのは自然だと思うし、今の耳で聴けばそこまで違和感のある音でもない。

過去に与えられた不毛なレッテルは無視して純粋に音楽を楽しむべきアルバム。